おすすめ映画ランキング

名作の中でも管理者が好きな映画のテーマ『男女の運命』、『社会の病巣や社会問題』の2つのテーマについて紹介しています。 おすすめしていても見方によって受け取り方が異なる深い味わいの映画ばかりです。

男女の運命に涙が止まらない名作

天井桟敷の人々

名声セリフ:見たまえ、天井桟敷を。貧乏だが、黄金の客だ。

タイタニック

せつない船上の物語。

シェルブールの雨傘

戦争によって運命を変えられた物語。

ブルーバレンタイン

恋愛の始まりと終わりを描いた映画。

初恋のきた道

若い教師に恋をする貧しい内気な少女の物語り。

望郷

パリを愛した男と女の悲恋劇。

駅馬車

二度とない行きずりの群像劇。

カサブランカ

粋な世界観に酔いしれる。

美女と野獣

モチーフの厚みで勝る実写版。

愛を読むひと

本を通して心が通った少年と女性の恋。

日の名残り

自分の殻を破れなかった男の話。

シザーハンズ

はがゆくも愛おしい物語。

シュリ

男女の運命に涙が止まらない。

エデンの東

ジェームズ・ディーンの魅力を堪能できる。

愛の嵐

フェチズムの究極の世界。

男と女

ストーリーはいまいちだが、映像技術は秀逸。

社会の病巣や社会問題をえぐり出した名作

タクシードライバー

反体制的な若者の心情を綴ったニューシネマが産み落とした反ニューシネマ。

ダンサー・イン・ダーク

障害を抱えながら息子の幸せを考える母の物語り。

レポゼッション・メン

近未来の健康に値段をつける日を描く。

沈まぬ太陽

人の生命を預かる航空会社の社会倫理を実話をもとに表現した。

十二人の怒れる男

日本でも導入された陪審員制度の問題点に鋭く切り込んでいます。

カッコーの巣の上で

二度とない行きずりの群像劇。

夜と霧

研ぎ澄まされたカメラ・アイ。

アメリカンヒストリーX

実に世の中の不条理とも言えるほどのリアル感。

悪い奴ほどよく眠る

黒澤明監督が描いた汚職事件。

ロード・オブ・ウォー

武器のビジネスの話。

大いなる幻影

戦争芸術の代表格。

灰とダイヤモンド

残酷な青春はないと言わしめる作品。

地獄に堕ちた勇者ども

このページの先頭へ